szmlb.net

tips for robotics

macbookproを購入した際の設定いろいろメモ

1. homebrewのインストール

macのパッケージ管理システムらしい.
パッケージ管理システム Homebrew - Qiita

terminalで,

$ ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

インストール中に, xcodeをインストールしろと言われたので言われるがままにインストール

2. pythonの開発環境のインストール

下記サイトを参考にした.
MacでPythonの機械学習環境構築(2014年5月版) - old school magic
MacでPythonの機械学習環境構築(2015年2月版) - old school magic

pythonのバージョン管理のためにpyenvをインストールする.

#pyenvのインストール
$ brew install pyenv

# 環境変数の設定
export PATH="$HOME/.pyenv/shims:$PATH"

# pyenvでインストールできるPythonの確認
pyenv install -l

ここで表示されたパッケージは全てインストール可能.
科学計算系のライブラリを一括インストールしてくれるanacondaがいいらしいのでインストールする.

$ pyenv install anaconda-2.1.0

pythonのバージョンを切り替えたい場合は

$ pyenv global 3.4.0

anacondaを使う場合は1,

$ pyenv anaconda-2.1.0

とする.

pyenvに関しては, 下記に記述があるように, command line toolsをインストールしておく.
macでpip install時にgccエラーが表示される場合

$ xcode-select --install

3. vimの環境を整備する

neobundleを利用したプラグイン管理.

下記サイトを参考にした.
NeoBundleによるVimプラグイン管理とおすすめプラグイン - Catcher in the tech

$ mkdir -p ~.vim/bundle
$ git clone https://github.com/Shougo/neobundle.vim ~/.vim/bundle/neobundle.vim

.vimrcに下記記述を追加.

"---------------------------
" Start Neobundle Settings.
"---------------------------
" bundleで管理するディレクトリを指定
set runtimepath+=~/.vim/bundle/neobundle.vim/

" Required:
call neobundle#begin(expand('~/.vim/bundle/'))

" neobundle自体をneobundleで管理
NeoBundleFetch 'Shougo/neobundle.vim'

" 今後このあたりに追加のプラグインをどんどん書いて行きます!!"
" NERDTreeを設定
NeoBundle 'scrooloose/nerdtree'
NeoBundle 'Townk/vim-autoclose'
NeoBundle 'grep.vim'
NeoBundle 'davidhalter/jedi-vim'

call neobundle#end()

" Required:
filetype plugin indent on

" 未インストールのプラグインがある場合、インストールするかどうかを尋ねてくれるようにする設定
" 毎回聞かれると邪魔な場合もあるので、この設定は任意です。
NeoBundleCheck

"-------------------------
" End Neobundle Settings.
"-------------------------

細かい.vimrcの記述については下記サイトを参考にした.
Vimを最強のPython開発環境にする2 - Λlisue's blog
個人的に参考にしているvimrc - Qiita
GitHub - yuroyoro/dotfiles: dotfiles

VMware上でLinuxを動かす(ubuntu)

Macのキーボード風にかな変換できるように設定
fcitx-mozcを使う

$ sudo apt-get install fcitx fcitx-mozc
$ sudo im-switch -s fcitx

入力メソッドのオンオフで英数キーをオフに, かなキーをオンに割り当てる
ubuntuのバージョンが古い場合は下記サイトからレポジトリを追加してインストール

Ubuntu 12.04用のFcitxパッケージ - いくやの斬鉄日記

HDDの空き容量を増やす

kayakuguri.github.io