読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AKHrobotics

tips for robotics

論文の整理の仕方について

読んだ論文の数が多くなってくると, フォルダ分けでの管理が非常に効率が悪い. そこで, mendeleyを導入したので, 覚書を残しておく.

データはDropboxで保存

データはDropbox上で保存し, クラウド上で同期できるようにする.
例えば, 保存フォルダを Dropbox/mendeley として作成しておく.
このフォルダは, 後のFile Organizerで指定するフォルダとする.

pdfファイルは, ファイル名を year_conference name_title のような規則に従って, 任意のフォルダに保存しておく.
ex. 2011_ICRA_szmlb_wheeled-mobile-robots.pdf
結局, mendeleyで取り込めば情報は抽出されるので, もう少し抽象度が高い名前でもいいかもしれない.

保存したフォルダは, 後のWatched Folderで指定する.
フォルダの階層分けは行わず, 1つのフォルダにpdfファイルをぶち込む形の方がいいと思われる.
そのあたりの自動分類はmendelayがやってくれるので.

mendeleyで管理

mendeleyを使えば, 発行年や論文誌名, タイトル, 著者情報を自動で抽出してくれる.
mendeleyのwatch folder機能を使って, Dropbox上のフォルダを設定し, 自動でmendeley上に情報が抽出されるようにする.

  • 同期の解除

mendeleyの設定として, クラウド上にpdfが同期されないように設定しておく.
All Documents上で右クリックして, Edit settingsを開き, Syncronize attached filesのチェックを外す.
自分の場合は, My Publicationフォルダのみ選択的に同期することにした.

f:id:szmlb:20160101130247p:plain

  • File Organizerの設定

File Organizerの機能を使えば, mendeley上で登録したpdfファイルから, 任意のフォルダにファイルをコピーしてくれる.
Preference->File Organizerから, 下記のように設定した. (conference paperがjournalの情報が抜けがちだったので, 後でyear-authorの順でフォルダ分けするように変更した)

f:id:szmlb:20160101134614p:plain

  • Watched Folderの設定

最後に, mendeley上で自動的にpdfファイルを登録するフォルダを設定する.
Preference-> Watched Folder で, 登録したいフォルダを設定する.
外付けHDD上のフォルダを指定したかったのだが, 選択肢に現れないので, 仕方なくローカル上にフォルダを作成してコピーした.

結果

f:id:szmlb:20160102112400p:plain

かなり便利だなという印象.
検索をかければ本文検索もかかるので, 論文へのアクセスがかなり効率化されそう.

日本語の昔の論文は, pdfに情報が埋め込まれていないので, 自分で入れる必要がある. これは仕方ない.
英語の文献に関しては, 著者情報や雑誌名が抜けるものは少なからずある.
必要な時に検索して修正を加えていけばまとまっていくと思う.